2tトラック(平ボデー)

2tトラック(箱)

4tトラック(ウィング)

安全への取り組み

ITドライブレコーダーを全車両に導入

ITドライブレコーダーは高画質の映像に加え、デジタルタコグラフ(自動車の走行時間・速度などの運行記録を自動的に記録するシステム)に連動しているのが特徴です。急ブレーキを感知し、その時のレコーダーの映像を自動で本社へ送信するため、事故が発生した場合、早急な対応が可能なのです。またレコーダーを導入することで、ドライバーの安全意識を高め、事故を未然に防止する役割もあります。

事故ゼロ運動

社内で安全衛生委員会を組織し、勉強会を実施しています。「総重量と制動距離の関係」「トラックに関する法律」など内容はさまざま。研修は毎月、会社の状況によって内容を変えることで、常に安全を意識する環境を作っています。また、ドライバー全員が一定期間、無事故・無違反だった場合に手当を支給する、といった取り組みも行っています。

チームでお互いをサポート

当社では1チーム(リーダー1名、メンバー数名)で業務にあたることで、些細なことでもお互いに相談できる環境を作っています。そのため、一人で悩みや疑問を抱え込むことはありません。現場から出た「こうした方が働きやすい」という意見は、リーダーが経営層に伝え、職場環境の改善を図ります。